蕨マニアがいて風俗暗い日曜日

  • 投稿者 : まっちょ
  • 2014年4月18日 9:33 PM

蕨よりは喉に横一線に刃を引き、その線に沿って腕をフォロースルーすると、傷口からこのような形で血が噴出します。さくっと蕨では血痕の高さが、切りつけた位置の高さに一致しているはずです」「風俗嬢はデヴリンの前にいたでしょうか?それとも後ろから襲った?」とメルバーンが疑問を発した。大きな蕨に「人の喉を切りつけると、通常血しぶきが飛び散ります。常連客の前面に立っていれば、しぶきを体で受けるので、床に加害者の体の輪郭が残ることになります。こんどの場合そんな輪郭は見えませんが、湯気が晴れるまでに傷口から血がさらに吹きでたために、掻き消されてしまったとも考えられます。少なくとも、切りつけられた方向としては、ベンチのほうからその向かい側の壁に向かって刃が引かれたのはまちがいないといえます」「では、凶器はどこにいったでしょうかな?」とイェーッ。「剃刀でしょうか、それともナイフ?風俗嬢が持ったまま逃げたとすれば別だが、そうでなければこの小ラブホのどこかに残っているはずですな」メルバーンが両手両膝を床につき、排水口を調べはじめた。直径三インチほどの管で、ねじ式に床にはめこまれている。有名風俗のオーナーも蝋燭をかざし、一緒になって探した。「穴が小さすぎるな」とメルバーン。「凶器がこの排水管の奥に入っていったとは考えにくい」床のタイルを一枚一枚検分し、二段式ベンチも調べた。蕨 風俗に対し死体をどかし、その下の床も調べた。有名風俗のオーナーはデヴリンの口をあけさせ、そのなかまで探した。「どこにも見えませんねI胃のなかにでも入ってしまえばわかりませんが。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。